海外でも人気があります|えろまんがってなぁに?エロ同人と一緒に楽しもう!

海外でも人気があります

タブレットを持っている男性

日本で発売されているエロ同人とエロ漫画ですが、実は人気があるのは日本だけではありません。
これまでは同人誌やエロ漫画というのは同人誌などを専門に扱っている「同人ショップ」という店舗に行って購入するか、同人誌即売会というイベントの会場で購入しなければ手に入れることができませんでした。
しかし、インターネット上に同人誌やエロ漫画を配信しているサイトというのが数多く作られ始めてから海外でも日本のエロ同人やエロ漫画が読まれるようになったのです。

海外では日本のエロ漫画やエロ同人というのは「Japanese HENTAI comics」と呼ばれ、日本語がわからない外国人でも楽しめるよう、外国人向けにサイト内の文章などを構成した配信サイトを作る人も存在するほど、多くの外国人オタクに注目され、楽しまれています。
しかしここで誰もが気になる点として「日本で作られている本だから書かれている言葉は日本語のはずだけど、それでも読んでるの?」という点があると思います。
確かに自分たちの母国語以外で書かれている物を呼んで楽しめるのか、という疑問が浮かぶと思いますが、その問題を解消するために日本語ができる外国人オタクが内容を英訳し、セリフを置き換えた作品を作って配信するなど、創意工夫を凝らして誰もが楽しめるようにしているようです。

今後もますます世界中に発信されていく同人文化、エロに国境はないといいますが、洋物AVと呼ばれるような作品に出ている女優は好き嫌いが別れるので、国境が無いように見えて実は好き嫌いで明確に国境が別れています。
そう考えるとエロ同人のような二次元のエロ作品こそ、好きになれば本当に国境無く誰もが楽しめる物かもしれませんね。